m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

中枢神経系感染症の診断にメタゲノムNGSが有用

2019年7月16日  ソース:NEJM  カテゴリ: 神経内科疾患脳神経外科疾患感染症その他

小児および成人の入院患者204例を対象に、感染性髄膜炎および感染性脳炎の診断に対する脳脊髄液のメタゲノム次世代シーケンシング(NGS)の有用性を1年間の多施設共同前向き研究で検討(PDAID試験)。メ...

文献:Clinical Metagenomic Sequencing for Diagnosis of Meningitis and Encephalitis. N Engl J Med. 2019 Jun 13;380(24):2327-2340.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。