m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

鎌状赤血球症のHbS重合抑制薬、ヘモグロビン値を増加

2019年7月16日  ソース:NEJM  カテゴリ: 一般内科疾患血液疾患投薬に関わる問題

鎌状赤血球症患者274例を対象に、ヘモグロビンS(HbS)重合抑制薬voxelotorの治療効果を第III相二重盲検無作為化プラセボ対照試験で検討した(HOPE試験)。主要評価項目は、24週時に1.0...

文献:A Phase 3 Randomized Trial of Voxelotor in Sickle Cell Disease. N Engl J Med. 2019 Jun 14. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。