m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

皮膚バリア直接評価に電気インピーダンス分光法が有用

2019年7月31日  ソース:Allergy  カテゴリ: アレルギー疾患皮膚疾患

電気インピーダンス(EI)分光法による皮膚表皮バリア機能のinvivoでの評価方法を確立すべく、プロテアーゼおよびコレラ毒素の塗布ならびにテープストリッピングによりバリア機能を破壊したマウスを用いた試...

文献:Direct assessment of skin epithelial barrier by electrical impedance spectroscopy. Allergy. 2019 Apr 16. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。