m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

顎関節症患者に耳管機能障害の症状多い

2019年8月5日  ソース:Laryngoscope  カテゴリ: 耳鼻咽喉科疾患

顎関節症患者21例を対象に、耳管機能障害の症状有病率を前向き横断解析で検討した。症状の有無に関する判定に7項目耳管機能障害質問票(ETDQ-7)を使用した。その結果、ETDQ-7の平均スコアは24.5...

文献:The prevalence of eustachian tube dysfunction symptoms in temporomandibular joint disorder patients. Laryngoscope. 2019 Jul 2. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。