m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

研修医の労働時間減っても患者転帰に影響みられず

2019年8月7日  ソース:BMJ  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患

米国で入院患者48万5685例を対象に、2003年の卒後医学教育認定評議会(ACGME)による初期研修医の労働時間改正が患者転帰に及ぼした影響を後ろ向き観察研究で検討した。その結果、研修期間中の労働時...

文献:Association of residency work hour reform with long term quality and costs of care of US physicians: observational study. BMJ. 2019 Jul 10;366:l4134.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。