m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

低リスク経産婦の計画分娩、待機的管理より転帰良好

2019年8月13日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 産婦人科疾患

妊娠39-42週に正常単胎児を出産した低リスク経産婦3703例を対象に、妊娠39週時の計画分娩と待機的管理の周産期および母体転帰を後ろ向きコホート研究で比較した。その結果、計画分娩で妊娠39週内に出産...

文献:Elective Induction of Labor in the 39th Week of Gestation Compared With Expectant Management of Low-Risk Multiparous Women. Obstet Gynecol. 2019 Aug;134(2):282-287.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。