m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

尿崩症の診断、コペプチン測定が高精度

2019年8月13日  ソース:Lancet  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

18歳以上の多尿、中枢性尿崩症または原発性多飲症の患者(開発コホート52例、検証コホート46例)と健康対照(各62例、30例)を対象に、アルギニン負荷コペプチン測定法の尿崩症鑑別能を前向き診断研究で検...

文献:Arginine-stimulated copeptin measurements in the differential diagnosis of diabetes insipidus: a prospective diagnostic study

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。