m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

血管内腹部大動脈瘤修復後の再介入危険因子

2019年8月21日  ソース:Ann Surg  カテゴリ: 消化器疾患循環器疾患一般外科疾患救急

Medicare請求と接続した血管疾患レジストリに登録された19211例を対象に、血管内腹部大動脈瘤修復(EVR)後の長期再介入率と臨床予測因子を検討した。その結果、3年再介入率15%、10年再介入率...

文献:Columbo JA, et al. Long-term Reintervention After Endovascular Abdominal Aortic Aneurysm Repair. Ann Surg. 2019 Jul 8. doi: 10.1097/SLA.0000000000003446. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。