m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

骨折の遷延治癒を低線量CTに基づく仮想試験で予測

2019年8月23日  ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ: 整形外科疾患その他

レベルI-IIの外傷センターで脛骨骨幹部骨折患者の連続コホートを対象に、PROMs、RUSTスコアおよび低線量CT検査の骨癒合までの時間予測能を前向きパイロット試験で評価。仮想機械試験(virtual...

文献:Dailey HL, et al. Virtual Mechanical Testing Based on Low-Dose Computed Tomography Scans for Tibial Fracture: A Pilot Study of Prediction of Time to Union and Comparison with Subjective Outcomes Scoring. J Bone Joint Surg Am. 2019 Jul 3;101(13):1193-1202.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。