m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

研修医執刀の長時間手術がヘルニア再修復の危険因子

2019年8月28日  ソース:Ann Surg  カテゴリ: 一般外科疾患

スウェーデンで初発鼠径ヘルニアの開腹修復術施行患者6万1161例を対象に、外科研修医の手術参加が術後転帰に及ぼす影響を全国レジストリベース研究で検討した。その結果、手術時間が長い研修医執刀手術は再発に...

文献:Lederhuber H, et al. Impact of Trainee Participation on Inguinal Hernia Repair Outcome: A Study Based on the Swedish Hernia Register. Ann Surg. 2019 Jul 30. doi: 10.1097/SLA.0000000000003497. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。