m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

頭頸部がん手術、フレイルが合併症の予測因子

2019年9月12日  ソース:Laryngoscope  カテゴリ: 一般外科疾患耳鼻咽喉科疾患

頭頸部がん手術施行の50歳以上の患者274例を対象に、術前のフレイルと機能尺度が周術期合併症および入院期間の予測因子であるかを前向き研究で評価した。多変量モデルで、フレイルスコアが年齢および併存疾患と...

文献:Goldstein DP, et al. Frailty as a predictor of outcomes in patients undergoing head and neck cancer surgery. Laryngoscope. 2019 Aug 16. doi: 10.1002/lary.28222. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。