m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

eluxadoline、下痢型過敏性腸症候群に有効性示す

2019年9月16日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患投薬に関わる問題

ロペラミドによる治療で症状コントロールが不十分な下痢型過敏性腸症候群(IBS-D)成人患者346例を対象に、eluxadolineの有効性および安全性を第IV相試験で検討した(RELIEF試験)。その...

文献:Brenner DM, et al. Efficacy and Safety of Eluxadoline in Patients With Irritable Bowel Syndrome With Diarrhea Who Report Inadequate Symptom Control With Loperamide: RELIEF Phase 4 Study. Am J Gastroenterol. 2019 Jul 26. doi: 10.14309/ajg.0000000000000327. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。