m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

多発外傷後1年の医療画像検査による発がんリスク

2019年9月25日  ソース:J Bone Joint Surg Am  カテゴリ: 一般外科疾患整形外科疾患その他

外傷重症度スコア(ISS)16以上の多発外傷患者2394例を対象に、外傷後1年の画像検査での放射線被曝量と関連致命的発がんリスクを推定。国際放射線防護委員会(ICRP)勧告を基に患者の年齢と性別で発が...

文献:Howard A, et al. An Estimation of Lifetime Fatal Carcinogenesis Risk Attributable to Radiation Exposure in the First Year Following Polytrauma: A Major Trauma Center’s Experience Over 10 Years. J Bone Joint Surg Am. 2019 Aug 7;101(15):1375-1380. doi: 10.2106/JBJS.18.01334.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。