m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

骨粗しょう症性脊椎骨折の術後ADL低下予測因子

2019年9月30日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 整形外科疾患

術後の骨粗しょう症性脊椎骨折患者309例を対象に病歴を後ろ向きにレビューし、術後の日常生活動作(ADL)低下の予測因子を判定した。最終追跡期間のADL低下頻度は9.1%だった。単変量解析では、術前の神...

文献:Murata K, et al. The factors related to the poor ADL in the patients with osteoporotic vertebral fracture after instrumentation surgery. Eur Spine J. 2019 Aug 10. doi: 10.1007/s00586-019-06092-0. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。