m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

頭部CT正常の外傷性脳損傷、GFAPでMRI異常を識別

2019年10月1日  ソース:Lancet Neurol  カテゴリ: 脳神経外科疾患その他

頭部CT所見が正常な外傷性脳損傷患者450例(MRI陰性330例、MRI陽性120例)と対照の整形外科的外傷患者122例および健常者209例を対象に、グリア線維性酸性タンパク質(GFAP)によるMRI...

文献:Yue JK, et al. Association between plasma GFAP concentrations and MRI abnormalities in patients with CT-negative traumatic brain injury in the TRACK-TBI cohort: a prospective multicentre study. Lancet Neurol. 2019 Aug 23. pii: S1474-4422(19)30282-0. doi: 10.1016/S1474-4422(19)30282-0. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。