m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

3枝病変の転帰、CABGがPCIに優位

2019年10月9日  ソース:Lancet  カテゴリ: 循環器疾患一般外科疾患その他

3枝病変または左主幹部病変を呈する冠動脈疾患患者1800例を対象に第1世代のパクリタキセル溶出ステントによるPCIと冠動脈バイパス術(CABG)の治療効果を比較した多施設共同無作為化試験(SYNTAX...

文献:Thuijs DJFM, et al. Percutaneous coronary intervention versus coronary artery bypass grafting in patients with three-vessel or left main coronary artery disease: 10-year follow-up of the multicentre randomised controlled SYNTAX trial. Lancet. 2019 Aug 30. pii: S0140-6736(19)31997-X. doi: 10.1016/S0140-6736(19)31997-X. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。