m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

未熟児網膜症へのラニビズマブ、レーザー治療を上回る可能性

2019年10月15日  ソース:Lancet  カテゴリ: 小児科疾患眼科疾患投薬に関わる問題

出生時体重1500g未満の未熟児網膜症(ROP)患者214例を対象に、ラニビズマブの単回硝子体内投与(0.2mgまたは0.1mg)の有効性および安全性を無作為化比較試験でレーザー治療と比較した(RAI...

文献:Stahl A, et al. Ranibizumab versus laser therapy for the treatment of very low birthweight infants with retinopathy of prematurity (RAINBOW): an open-label randomised controlled trial. Lancet. 2019 Sep 12. pii: S0140-6736(19)31344-3. doi: 10.1016/S0140-6736(19)31344-3. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。