m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

ピーナツアレルギー経口免疫療法、中止後1年で効果減

2019年10月15日  ソース:Lancet  カテゴリ: アレルギー疾患小児科疾患耳鼻咽喉科疾患皮膚疾患

二重盲検食物負荷試験(DBPCFC)陽性、プリックテスト陽性などの基準を満たした7-55歳のピーナツアレルギー患者120例を対象に、経口免疫療法(OIT)の持続効果を無作為化二重盲検第II相試験で検討...

文献:Chinthrajah RS, et al. Sustained outcomes in oral immunotherapy for peanut allergy (POISED study): a large, randomised, double-blind, placebo-controlled, phase 2 study. Lancet. 2019 Sep 12. pii: S0140-6736(19)31793-3. doi: 10.1016/S0140-6736(19)31793-3. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。