m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

亜急性期脳卒中の有酸素運動、有意な効果示せず

2019年10月16日  ソース:BMJ  カテゴリ: 神経内科疾患脳神経外科疾患その他

亜急性期脳卒中(脳卒中発症後5-45日)の成人患者200例を対象に、体重免荷トレッドミル歩行トレーニングによる有酸素運動の日常生活動作改善効果を無作為化比較試験で検討(PHYS-STROKE試験)。標...

文献:Nave AH, et al. Physical Fitness Training in Patients with Subacute Stroke (PHYS-STROKE): multicentre, randomised controlled, endpoint blinded trial. BMJ. 2019 Sep 18;366:l5101. doi: 10.1136/bmj.l5101.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。