m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

移植後CMV再活性化に対するmaribavirの有効性確認

2019年10月22日  ソース:NEJM  カテゴリ: 血液疾患感染症投薬に関わる問題

サイトメガロウイルス(CMV)再活性化を認めた造血細胞または固形臓器移植レシピエント159例を対象に、抗サイトメガロウイルス(CMV)活性を有するベンズイミダゾールリボシドmaribavir(400m...

文献:Maertens J, et al. Maribavir for Preemptive Treatment of Cytomegalovirus Reactivation. N Engl J Med. 2019 Sep 19;381(12):1136-1147. doi: 10.1056/NEJMoa1714656.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。