m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

大腸腺腫摘除後の高頻度スクリーニングは費用対効果良好

2019年10月22日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患感染症その他

米国で、大腸腺腫摘除後サーベイランスの頻度による費用対効果をマイクロシミュレーションモデルで比較した。摘除後スクリーニングおよびサーベイランスなしの場合、50歳患者の生涯大腸がん発生率は高リスク線種摘...

文献:Meester RGS, et al. High-Intensity Versus Low-Intensity Surveillance for Patients With Colorectal Adenomas: A Cost-Effectiveness Analysis. Ann Intern Med. 2019 Sep 24. doi: 10.7326/M18-3633. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。