m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

潰瘍性大腸炎のウステキヌマブ、寛解導入・維持に有効

2019年10月25日  ソース:NEJM  カテゴリ: 消化器疾患投薬に関わる問題

中等度ないし重症潰瘍性大腸炎患者961例を対象に、寛解導入療法(8週間)および維持療法(44週間)でのウステキヌマブの効果を検討した(UNIFI試験)。その結果、寛解導入療法8週時の臨床的寛解達成率は...

文献:Sands BE, et al. Ustekinumab as Induction and Maintenance Therapy for Ulcerative Colitis. N Engl J Med. 2019 Sep 26;381(13):1201-1214. doi: 10.1056/NEJMoa1900750.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。