m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

大腸がん検診4戦略、発症抑制効果に差

2019年10月30日  ソース:BMJ  カテゴリ: 消化器疾患検査に関わる問題

ノルウェーで50-79歳の男女を対象に、4通りの大腸がんスクリーニング戦略の有益性および有害性をマイクロシミュレーションモデル研究で推定し、ベースラインの15年大腸がんリスクで層別化した。15年の追跡...

文献:Buskermolen M, et al. Colorectal cancer screening with faecal immunochemical testing, sigmoidoscopy or colonoscopy: a microsimulation modelling study. BMJ. 2019 Oct 2;367:l5383. doi: 10.1136/bmj.l5383.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。