m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

アロプリノールは低用量開始で重度皮膚有害反応リスク減

2019年10月31日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患整形外科疾患投薬に関わる問題

カナダの住民データを用いて、アロプリノール新規使用者13万325例を対象に、心疾患(虚血性心疾患と心不全)と重度皮膚有害反応による入院リスクとの関連性を検討した。その結果、アロプリノールに伴う重度皮膚...

文献:Yokose C, et al. Heart disease and the risk of allopurinol-associated severe cutaneous adverse reactions: a general population-based cohort study. CMAJ. 2019 Sep 30;191(39):E1070-E1077. doi: 10.1503/cmaj.190339.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。