m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

血栓性APSのリバーロキサバン、用量調整VAKに非劣性示せず

2019年11月5日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 血液疾患リウマチ投薬に関わる問題

血栓性抗リン脂質抗体症候群(APS)成人(18-75歳)患者190例を対象に、用量を調節したビタミンK拮抗薬(VKA)に対するリバーロキサバンの非劣性を3年間の非盲検無作為化試験で検討。主要有効性評価...

文献:Ordi-Ros J, et al. Rivaroxaban Versus Vitamin K Antagonist in Antiphospholipid Syndrome: A Randomized Noninferiority Trial. Ann Intern Med. 2019 Oct 15. doi: 10.7326/M19-0291. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。