m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

思春期の性格特性が50年後の認知症リスクと関連

2019年11月6日  ソース:JAMA Psychiatry  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患神経内科疾患

1960年に150項目の質問から構成される性格調査を受けた米国の高校生8万2232人を対象に、思春期の性格特性と後年の認知症との関連をコホート研究で検討。親の教育水準、所得、職業などに基づく思春期の社...

文献:Chapman BP, et al. Association Between High School Personality Phenotype and Dementia 54 Years Later in Results From a National US Sample. JAMA Psychiatry. 2019 Oct 16. doi: 10.1001/jamapsychiatry.2019.3120. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。