m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

大腸手術後のNSAID投与で腸管機能回復までの期間短縮せず

2019年11月8日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患投薬に関わる問題

待機的大腸手術を施行した患者4164例を対象に、術後イレウス発症に対する非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)の有効性と安全性を前向き多施設共同コホート研究で検討。患者の27.7%で術後1-3日目にNS...

文献:EuroSurg Collaborative. Safety and efficacy of non-steroidal anti-inflammatory drugs to reduce ileus after colorectal surgery. Br J Surg. 2019 Oct 9. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。