m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

HPVによる中咽頭がんの治療後経過観察は有用性低い

2019年11月19日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般外科疾患耳鼻咽喉科疾患感染症

ヒトパピローマウイルス(HPV)関連中咽頭扁平上皮がん患者233例を対象に、全米総合がんセンターネットワーク(NCCN)が推奨する治療後経過観察の再発検出および生存転帰に対する有益性を後ろ向きコホート...

文献:Masroor F, et al. Association of NCCN-Recommended Posttreatment Surveillance With Outcomes in Patients With HPV-Associated Oropharyngeal Squamous Cell Carcinoma. JAMA Otolaryngol Head Neck Surg. 2019 Aug 8. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。