m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

喫煙者の肺がん検診、獲得生存年で対象抽出で効果最大

2019年11月18日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 呼吸器疾患その他

米国国民健康調査から40-84歳の喫煙経験者13万964例のデータを基に開発したモデルを用いて、肺がんスクリーニング対象者を獲得生存年に基づく戦略と肺がんリスクに基づく戦略の効果を比較した。2013-...

文献:Cheung LC, et al. Life-Gained-Based Versus Risk-Based Selection of Smokers for Lung Cancer Screening. Ann Intern Med. 2019 Oct 22. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。