m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

喘息幼児の遺伝子発現プロファイル、学齢期の症状を予測

2019年11月20日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 呼吸器疾患小児科疾患その他

急性喘鳴を呈する就学前幼児107例および年齢でマッチさせた健常小児66例を対象に、遺伝子発現プロファイルが喘息診断および予後予測にもたらす影響を白血球トランスクリプトーム解析で検討。その結果、喘鳴患者...

文献:Katayama S, et al. Acute wheeze-specific gene module shows correlation with vitamin D and asthma medication. Eur Respir J. 2019 Oct 16. pii: 1901330. doi: 10.1183/13993003.01330-2019. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。