m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

明細胞型上皮性卵巣がん、半数超で術中に被膜破綻

2019年11月21日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般外科疾患産婦人科疾患

日本でIA-IC1期上皮性卵巣がんの手術施行患者1万5163例を対象に、術中の腫瘍被膜破綻の発生率および予後への影響を後ろ向き観察研究で検討した。その結果、術中の被膜破綻リスクは明細胞がんで最も高く(...

文献:Matsuo K, et al. Intraoperative Capsule Rupture, Postoperative Chemotherapy, and Survival of Women With Stage I Epithelial Ovarian Cancer. Obstet Gynecol. 2019 Nov;134(5):1017-1026. doi: 10.1097/AOG.0000000000003507.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。