m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

パーキンソン病の原因遺伝子変異保因者、非発症でも前駆症状確認

2019年11月21日  ソース:Lancet Neurol  カテゴリ: 神経内科疾患脳神経外科疾患その他

パーキンソン病の診断および進行バイオマーカーの特定を目的とするPPMI研究に登録されたLRRK2またはGBA遺伝子変異の不顕性保因者(non-manifestingcarrier、LRRK2208例、...

文献:Simuni T, et al. Clinical and dopamine transporter imaging characteristics of non-manifest LRRK2 and GBA mutation carriers in the Parkinson's Progression Markers Initiative (PPMI): a cross-sectional study. Lancet Neurol. 2019 Oct 30. pii: S1474-4422(19)30319-9. doi: 10.1016/S1474-4422(19)30319-9. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。