m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

CDI、糞便移植後の血流感染症率低い

2019年11月25日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 消化器疾患感染症投薬に関わる問題

再発性クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)患者290例を対象に、糞便微生物移植または抗菌薬治療後の血流感染症発生率を前向きコホート研究で評価した。糞便移植群109例中5例および抗菌薬群181...

文献:Ianiro G, et al. Incidence of Bloodstream Infections, Length of Hospital Stay, and Survival in Patients With Recurrent Clostridioides difficile Infection Treated With Fecal Microbiota Transplantation or Antibiotics: A Prospective Cohort Study. Ann Intern Med. 2019 Nov 5. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。