m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

大うつ病性障害のCBTとSGA、費用対効果は優劣つかず

2019年12月2日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 精神科疾患神経内科疾患投薬に関わる問題

米国で大うつ病性障害の新規診断患者に対する初期治療としての認知行動療法(CBT)と第2世代抗うつ薬(SGA)の費用対効果を意思決定分析モデルで比較した。基本ケース分析の結果、CBTでSGAに比べ質調整...

文献:Ross EL, et al. The Cost-Effectiveness of Cognitive Behavioral Therapy Versus Second-Generation Antidepressants for Initial Treatment of Major Depressive Disorder in the United States: A Decision Analytic Model. Ann Intern Med. 2019 Oct 29. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。