m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

頭頸部がんCCRT後の放射線皮膚炎、線量分布で予測可

2019年12月11日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 耳鼻咽喉科疾患

強度変調放射線治療(IMRT)およびシスプラチンまたはセツキシマブによる同時化学放射線療法(CCRT)を実施した頭頸部扁平上皮がん患者90例を対象に、皮膚に対する線量分布とグレード3-4の放射線性皮膚...

文献:Bonomo P, et al. Analysis of skin dose distribution for the prediction of severe radiation dermatitis in head and neck squamous cell carcinoma patients treated with concurrent chemo-radiotherapy. Head Neck. 2019 Nov 4. doi: 10.1002/hed.25997. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。