m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

在胎41週での分娩誘発、42週より児の周産期死亡減

2019年12月14日  ソース:BMJ  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

スウェーデンで単胎妊娠女性2760例を対象に、待機的管理後の在胎42週分娩誘発に対する在胎41週分娩誘発の周産期転帰改善効果を無作為化優越性試験で検討(SWEPIS試験)。主要評価項目は周産期有害転帰...

文献:Wennerholm UB, et al. Induction of labour at 41 weeks versus expectant management and induction of labour at 42 weeks (SWEdish Post-term Induction Study, SWEPIS): multicentre, open label, randomised, superiority trial. BMJ. 2019 Nov 20;367:l6131.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。