m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

術前の遠隔虚血処置で心筋障害リスク減

2019年12月19日  ソース:BMJ  カテゴリ: 循環器疾患一般外科疾患整形外科疾患

心血管系危険因子があり、大腿骨近位部骨折の緊急手術を施行する患者573例を対象に、遠隔虚血の前処置(remoteischaemicpreconditioning:RIPC、上腕にターニケットを装着し虚...

文献:Ekeloef S, et al. The effect of remote ischaemic preconditioning on myocardial injury in emergency hip fracture surgery (PIXIE trial): phase II randomised clinical trial. BMJ. 2019 Dec 4;367:l6395.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。