m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

緑内障の視野変動、新たな予測因子を特定

2019年12月20日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 眼科疾患

視野6度以上の緑内障患者816例1392眼を対象に、視野変動の予測因子を後ろ向きコホート試験で検討した。追跡期間は3年以上だった。グローバルモデル解析の結果、左目(P=0.022)、アジア人(P=0....

文献:Rabiolo A, et al. Predictors of Long-term Visual Field Fluctuation in Glaucoma Patients. 2019 Dec 5. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。