m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

ドラベ症候群にフェンフルラミンでけいれん発作頻度減

2020年1月7日  ソース:Lancet  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患神経内科疾患投薬に関わる問題

ドラベ症候群の小児および若年成人患者119例を対象に、既存の抗てんかん薬に追加した塩酸フェンフルラミンの効果を無作為化二重盲検プラセボ対照試験で検討。その結果、発作頻度減少率中央値は塩酸フェンフルラミ...

文献:Lagae L, et al. Fenfluramine hydrochloride for the treatment of seizures in Dravet syndrome: a randomised, double-blind, placebo-controlled trial. Lancet. 2020;394(10216):2243-2254.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。