m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

小児強迫性障害と不安障害、SSRIで有害事象発生率高い(2020/01/14訂正)

2020年1月8日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患精神科疾患投薬に関わる問題

18歳未満の強迫性障害(OCD)および不安障害患者での選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)およびセロトニン・ノルエピネフリン再取り込み阻害薬(SNRI)の忍容性を無作為化プラセボ対照試験18件...

文献:Mills JA, et al. Antidepressant Tolerability in Pediatric Anxiety and Obsessive-Compulsive Disorders: A Bayesian Hierarchical Modeling Meta-Analysis. J Am Acad Child Adolesc Psychiatry. 2019 Nov 1. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。