m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

アトロピン0.05%が近視進行抑制の至適濃度と再確認

2020年1月13日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 小児科疾患眼科疾患投薬に関わる問題

近視小児患者438例383眼を対象に、長期近視コントロールでのアトロピン点眼薬の至適濃度を無作為化第II相試験で検討した(LAMP試験)。2年間の追跡の結果、等価球面度数の平均進行度はアトロピン0.0...

文献:Jason C, et al. Two-Year Clinical Trial of the Low-concentration Atropine for Myopia Progression (LAMP) Study: Phase 2 Report 2019 Dec 20. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。