m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

パーキンソン病オフ症状、アポモルヒネ舌下剤で改善

2020年1月18日  ソース:Lancet Neurol  カテゴリ: 神経内科疾患一般外科疾患脳神経外科疾患投薬に関わる問題

パーキンソン病患者109例を対象に、オフ症状に対するオンデマンド療法としてのアポモルヒネ舌下投与フィルム製剤の有効性および安全性を、12週間の無作為化二重盲検プラセボ対照第III相試験で検討した。主要...

文献:Olanow CW, et al. Apomorphine sublingual film for off episodes in Parkinson's disease: a randomised, double-blind, placebo-controlled phase 3 study. Lancet Neurol. 2019 Dec 6. pii: S1474-4422(19)30396-5. doi: 10.1016/S1474-4422(19)30396-5. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。