m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

緑内障の中心視野欠損パターンをAIで定量化、進行予測を改善

2020年1月23日  ソース:Ophthalmology  カテゴリ: 眼科疾患その他

緑内障患者のハンフリー視野検査10-2の結果(横断解析:8712例・1万3951眼)と24-2の結果(縦断解析:824例・1191眼)を基に、中心視野欠損パターンを機械学習により後ろ向き研究で定量化。...

文献:Wang M, et al. Artificial Intelligence Classification of Central Visual Field Patterns in Glaucoma. Ophthalmology. 2019 Dec 12. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。