m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

低リスクMDS、luspaterceptで貧血重症度改善

2020年1月25日  ソース:NEJM  カテゴリ: 血液疾患投薬に関わる問題

環状鉄芽球を伴う比較的低リスクの骨髄異形成症候群(MDS)で定期的に赤血球輸血を受けている患者229例を対象に、トランスフォーミング増殖因子βスーパーファミリーのリガンドと結合してSMAD2とSMAD...

文献:Fenaux P, et al. Luspatercept in Patients with Lower-Risk Myelodysplastic Syndromes. N Engl J Med. 2020 Jan 9. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。