m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

遺伝子検査で小児の将来の2型糖尿病リスクが特定可能か

2020年2月3日  ソース:Diabetes Care  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患小児科疾患その他

健康な英国人5歳小児307例を対象に、インスリン欠乏表現型が遺伝によるものかを非介入前向きコホート試験で検討した(EarlyBird試験)。過去に成人集団で特定された糖尿病リスクに関連を示す一塩基多型...

文献:Carayol J, et al. Genetic Susceptibility Determines β-Cell Function and Fasting Glycemia Trajectories Throughout Childhood: A 12-Year Cohort Study (EarlyBird 76). Diabetes Care. 2020 Jan 8. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。