m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

救急医の燃え尽き症候群、事務作業や人間関係も誘発因子

2020年2月10日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患救急

救急科の医師および研修医の燃え尽き症候群有病状況を、既発表論文11件の系統的レビューで検討した。その結果、燃え尽き症候群有病率は救急医で25.4-71.4%、研修医で55.6-77.9%と大きなばらつ...

文献:Verougstraete D, et al. The impact of burn-out on emergency physicians and emergency medicine residents: a systematic review. Acta Clin Belg. 2020 Feb;75(1):57-79.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。