m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

妊娠中の喫煙、生後1年までの児の骨折リスク上昇と関連

2020年2月12日  ソース:BMJ  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患小児科疾患整形外科疾患産婦人科疾患

妊娠初期に喫煙していた女性と喫煙していなかった女性の児168万307人を対象に、妊娠中の母親の喫煙と児の骨折リスクとの関連を出生コホート試験で検討。最大32歳までの骨折を追跡し、同胞との比較による解析...

文献:Brand JS, et al. Maternal smoking during pregnancy and fractures in offspring: national register based sibling comparison study. BMJ. 2020 Jan 29;368:l7057.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。