m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

胃がん家族歴あってもピロリ菌除菌でリスク低下

2020年2月13日  ソース:NEJM  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患感染症その他

第一度近親者に胃がん患者がいるヘリコバクター・ピロリ感染陽性者1676例を対象に、ヘリコバクター・ピロリ除菌の胃がんリスク抑制効果をプラセボ対照試験で検討した。その結果、追跡期間中央値9.2年での胃が...

文献:Choi IJ, et al. Family History of Gastric Cancer and Helicobacter pylori Treatment. N Engl J Med. 2020 Jan 30;382(5):427-436.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。