m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

低所得国の子宮頸がん死亡率、WHOの戦略で約99%減と推定

2020年2月15日  ソース:Lancet  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患一般外科疾患産婦人科疾患

低所得国と低中所得国78カ国を対象に、世界保健機関(WHO)が提唱する子宮頸がん撲滅戦略が死亡率改善にもたらす効果をモデル分析で検討した。9歳女児へのヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン接種率90...

文献:Mortality impact of achieving WHO cervical cancer elimination targets: a comparative modelling analysis in 78 low-income and lower-middle-income countries

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。