m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

10代女性の双合診と細胞診、半数以上が不要の可能性

2020年2月19日  ソース:JAMA Intern Med  カテゴリ: 一般内科疾患産婦人科疾患検査に関わる問題

米国の15-20歳女性3410人のデータを用いて、21歳未満の若年女性に対する不要な骨盤双合診およびパパニコロウ染色による子宮頸がん細胞診(Pap検査)の実施状況を横断解析で推定した。その結果、201...

文献:Qin J, et al. Prevalence of Potentially Unnecessary Bimanual Pelvic Examinations and Papanicolaou Tests Among Adolescent Girls and Young Women Aged 15-20 Years in the United States JAMA Intern Med. 2020 Jan 6. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。